鹿鳴緣起

ビジネス哲学

中国最古の詩篇である詩経に迎賓の詩歌が有り、其の中で歌われている内容がまさに鹿鳴温泉ホテルの真髄と言えます。鹿鳴温泉ホテルは都蘭山麓に広がる従谷平原に有り、昔は鹿の群れが好んで遊ぶ所でした。時間のトンネルを抜け、歴史と文化が出会う所と成りました。

鹿鳴溫泉酒ホテルは花東縱谷の南端に位置し、自然環境に順応した単純素朴を基礎とした自然に溶け込むような外観です。

鹿鳴きの経営団体は一貫して 生産、生活、生態を一つに考え、環境保護の下 レジャーや旅行の設計も皆鹿鳴附近とし、他所では真似のできない鹿鳴の特色を作り出して。

環境に適応した鹿鳴温泉ホテルは最も自然に接近した環境条件で、快適な宿泊と健康な食事、楽しく遊んで心身ともに完全にリラックスした鹿鳴温泉ホテルの各種レジャーを満喫して下さい。